練習や演奏前には、チューニングを行います。

温度や湿度などの変化で音程もすぐに変わるので、同じところに置いてあるハープも微妙に音が変化しています。

ハンマーで1本ずつチューニングしていきます。

ハープチューニングハンマー

ハンマーを奥に回すと、弦が引き上げられ閉まっていくので音が高くなります。
(写真から見たら右側に回す)

ハンマーを手前に回すと弦がゆるんで、音が低くなります。
(写真から見たら左側に回す)

【チューニング道具】

ハープチューニング道具

チューナー(写真中央)
ハンマー(写真上・マイカバー付)
チューナー用マイクロフォン(コード)

静かな場所ではチューナーとハンマーで行えます。

チューナーで音が拾いづらい時は、チューナー用マイクをチューナーに差し、クリップ部分をハープ裏側に止めます。

ハープチューニング道具

チューニング道具+自分の耳も使いながら1音1音チューニングを行っていきます。


【チューニングの行い方】

レバータイプのハープ(アイリッシュハープ・サウルハープ)は、レバーの状態をハ長調にしてからの方が初心者の方はチューニングを行いやすいです。

ミ・ラ・シのレバーを上げた状態が、ハ長調(ピアノの白鍵盤)ドレミファソラシドになります。
(赤い部分はドの音、青い部分はファの音です。)

ハ長調のレバー

チューナーとハンマーを用意して、早速チューニングしましょう♪

チューナーのヘルツは、442Hzに合わせます。(チューナー左上部分)

の音を合わせてみます。
チューナーでは、Cと表示されます。(チューナー右上部分)

C低めチューナー

上のチューナーの状態は、ド(C)の音は低めになっています。
チューナーの振り子が真ん中にくるように合わせていきましょう。
ハンマーをドの音の部分にはめて、奥に回して弦をしめていきます。


C高めチューナー

上のチューナーの状態は、ド(C)の音は高めになっています。
チューナーの振り子が真ん中にくるように合わせます。
ハンマーをドの音の部分にはめて、手前に回して弦をゆるめます。


Cちょうどチューナー

チューナーの振り子が、真ん中辺りになったらチューニング成功です!


この調子で、他の音も合わせていきましょう。
ドレミファソラシドは、チューナーでは、
C D E F G A B C
と表示されます。
少しずつ慣れていきましょう♪
積み重ねでだんだん楽に出来るようになっていきます。

【半音装置部分のチューニング】

演奏前は、特に細かく音を合わせていきます。
全ての音をチューニングし終わった所で、半音装置部分も動かしていきます。
レバーやペダルを動かすと微妙に音がずれる事があるので、演奏前は特に丁寧に行います。

アイリッシュハープは上部レバー。

ト長調アイリッシュハープレバーの仕組み


グランドハープは足元ペダル。

グランドハープ足元ペダル全てフラット


半音の部分も動かしながら1本ずつ丁寧に行い、チューニング完了です。


チューニングの様子

左手で弦を弾き音を出しながら、右手はハンマーを動かして音を調整していきます。

チューニングの様子

チューナーは譜面台に乗せて、チューナーを見ながら調弦を行っていきます。



ハープ演奏

ピアノ曲「乙女の祈り」をどうぞ。
曲の中ほどでハープらしい奏法のグリッサンドも入っています。


Harp Artist Satoko You Tubeチャンネル♪

良かったらチャンネル登録をお願いします♪
励みになり嬉しいです。