足元のペダルを踏むと半音上がる仕組みのグランドハープ。

グランドハープ記事はこちらへどうぞ。

足元のペダルを踏むと、上部分が動く仕組みになっています。
1段踏むと、上部分が動いて弦をクッと引っ張ることで弦に圧がかかり、半音上がる仕組みになっています。

圧がかかる弦の部分がすれやすくなり、そこから切れる事もあります。

グランドハープ上部ド#の状態

↓切れた弦の写真です。
左側は、留めの部分になります。

弦の切れ端

弦を張り替える順番

太めのガット弦を止めにして、細い弦を結びつけます。

その弦をハープの裏側から、すーっと差し込んでいきます。

ハープの裏側

裏側の穴から通した弦を、上へと引っ張り上げていきます。

そして上部の穴に通して、少し弦にゆるみをもたせてからチューニングハンマーで巻き上げていきます。

グランドハープ上部

↓巻き上げはチューニングハンマーで、少しずつ回していきます。

その音に近付いてきた所で、巻き上げを止めます。

ハープチューニングハンマー

張り替えたばかりの弦は、音程が安定しにくく音が下がりやすいです。

何日かして、しばらくすると音が馴染んできます。


演奏

日本のうたをどうぞ。


Harp Artist Satokoユーチューブチャンネル♪

良かったらチャンネル登録をお願いします♪