ペダルの仕組み

グランドハープは、足元のペダルで半音装置が動く仕組みになっています。

グランドハープ紹介でも足元ペダルの仕組みを書いています。

今回はグランドハープ上部の写真も入れて仕組みをご紹介します。

一番上にペダルがある時は、全ての音が♭になります。
使っていない時は、この状態で休ませます。


足元のペダルは、
左側奥から、レ・ド・シ。
右側奥から、ラ・ソ・ファ・ミ。
の音に対応しています。

グランドハープ足元ペダル全てフラット


足元のペダルがこの状態の時、ハープの上部はどうなっているでしょうか?
すっと伸びている状態になっています。

グランドハープ上部フラットの状態

ハープは、足元ペダルを踏むと半音上がる仕組みになっています。
赤い色の弦に注目していて下さい。
(この状態で奏でると、ド♭の音が出ます。)

ドの音

足元のペダル(左から2番目ペダル)を1段踏むと、上の部分がくるっと動いて圧が加わり弦が引き上げられます。(足元ドのペダルは真ん中にある状態です。)

ペダルを踏むと、全てのオクターブの音に対応します。
↓(ここで奏でると、の音が出ます。)

グランドハープ上部ドの状態

ド#の音

もう1段足元ドのペダルを踏んでみます。(足元ドのペダルは一番下にある状態です。)

ハープ上部の2つ目がくるっと動き、弦が引き上げられます。
↓ (ド#の音が出ます。)

グランドハープ上部ド#の状態

続いて足元ペダルの仕組みを説明しながら、グリッサンドをご紹介していきます。

【ヘ長調の足元ペダル】

足元ののペダル(左奥から3番目ペダル)を1番上へ上げます。
他のペダルは全て真ん中です。

グランドハープ足元ペダル♪ヘ長調

左側から、レ・ド・シ♭
右側から、ラ・ソ・ファ・ミ
ドレミファソラシ♭ドの音が奏でられます。

【ヘ長調グリッサンドの足元ペダル】

グランドハープならではのグリッサンドの美しい音色。
ハープ体験でもとても喜ばれます。

グリッサンドを行う時は、それぞれの調によって足元のペダルを変化させます。
それぞれの調に適したグリッサンドを奏でることで、また美しさが際立っていきます。

グランドハープ足元ペダル♪ヘ長調グリッサンド

へ長調グリッサンドを行う時は、足元ペダルを上の写真の状態にします。
『シ#』左側から3番目ペダル、シの音は1番下シャープの位置へ。
『ミ#』右側から4番目ペダル、ミの音は1番下シャープの位置へ。

【ヘ長調グリッサンドの動画演奏】

ヘ長調のペダル~ドレミファソラシ♭ド
ヘ長調グリッサンドペダル~ドレミ#ファソラシ#ド
ヘ長調グリッサンド

順番に弦を奏でています。

【ト長調の足元ペダル】

足元のファのペダル(右奥から3番目ペダル)を1番下へ踏みます。
他のペダルは全て真ん中です。

グランドハープ足元ペダル♪ト長調

ドレミファ#ソラシドの音が奏でられます。

【ト長調グリッサンドの足元ペダル】

グランドハープ足元ペダル♪ト長調グリッサンド

ト長調グリッサンドを行う時は、足元ペダルを上の写真の状態にします。
『ド♭』左側から2番目ペダル、ドの音は1番上フラットの位置へ。
『ファ♭』右側から3番目ペダル、ファの音は1番上フラットの位置へ。

【ト長調グリッサンドの動画演奏】

ト長調のペダル~ドレミファ#ソラシド
ト長調グリッサンドペダル~ド♭レミファ♭ソラシド♭
ト長調グリッサンド

順番に弦を奏でています。

グリッサンド

ハープの魅力の1つ、美しいグリッサンドが後半に出てきます。

「Chanson de mai」をどうぞ。


Harp Artist Satokoユーチューブチャンネル♪

良かったらチャンネル登録をお願いします♪