弦の数


グランドハープの弦の数は47本。
スチール弦・ガット弦・ナイロン弦、3種類の弦で出来ています。

左側の太い弦がスチール弦。
低い音から12本がスチール弦で出来ています。

グランドハープで1番低いドの音。
そして1番長いスチール弦の長さは1m60cmありました。

中央あたりの弦は、ガット弦で深い音色の響き。

右側の高い音はナイロン弦です。

高い音になるにつれ、弦の太さが細くなっていきます。

ハープ体験・教室のご案内 (2)

大きさ


大人の背よりも高いです。
重さは約40kg。
運搬は2人で行います。
前の下方にコロコロが付いていますので、床では後ろを引き上げて移動できます。

足元ペダル


足元にはペダルがついています。
左側奥から、レ・ド・シ。
右側奥から、ラ・ソ・ファ・ミ。

グランドハープ足元ペダル全ての音フラット

ペダルは3段階になっています。
一番上にペダルがある時は、全ての音が♭になります。
使っていない時は、この状態で休ませます。

ペダルを一段下へ踏むたびに、半音ずつ上がり
ペダルを一段上へ上げるたびに、半音ずつ下がる仕組みになっています。

詳しくご紹介します。

一番上にペダルがある状態から
ペダルを一段踏むと、半音上がります。(♭→♮)
もう1段下へ踏むと、(♮→#)になります。

一番下にペダルがある状態から
ペダルを一段上へ上げると、半音下がります。(#→♮)
もう1段上へ上げると、(♮→♭)になります。


ハ長調の足元ペダル

ハ長調



全てのペダルを一段ずつ踏んで真ん中に持ってきます。

グランドハープ足元ペダル♪ハ長調


ドレミファソラシドの音が出ます。

ハ長調グリッサンドの足元ペダル


ハープの特徴的なグリッサンド。
ハープ体験でも喜ばれるハープ奏法です。

調によってペダルの位置を変えるので、グリッサンドの音色も変わります。

グランドハープ足元ペダル♪ハ長調グリッサンド

『シ#』左側から3番目ペダルは1番下の位置。

『ファ♭』右側から3番目ペダルは上の位置。

ハ長調グリッサンドの動画演奏

ハ長調~ドレミファソラシド
ハ長調グリッサンドペダル~ドレミファ♭ソラシ#ド
グリッサンド

順番に弦を奏でています。

続きはグランドハープ足元ペダルの仕組みへどうぞ。

ハープ曲

グランドハープ曲の中には、とても美しい曲がたくさんあります。

ピアノの素敵な曲は知られているものが多いですが、ハープの素敵な曲はまだ知られていないものがたくさんあります。

流れるような美しい曲
柔らかい感じの曲
情熱的な曲
力強さを感じる曲etc

あなたの近くでハープ演奏を聴く機会がありましたら、ぜひ足をお運びください。

ハープ曲は、足元のペダルを操作しながら、手で弦を奏でていきます。

グランドハープ曲をどうぞ♪
「REVERIE」Op.26 A.Hasselmans
「夢」アッセルマン作曲


Harp Artist satokoユーチューブチャンネル♪

良かったらチャンネル登録をお願いします♪
励みになります!


小さい型のサウルハープ記事はこちらからどうぞ♪


レバータイプのアイリッシュハープ紹介記事はこちらへ♪