ご報告♪都城市小学校スクールコンサート

都城市の小学校で、マリンバとアイリッシュハープのアンサンブル演奏を行いました。

都城市小学校マリンバとハープ

低学年と高学年とに分かれての2ステージ。

子ども達は、初めて目の前で見る楽器に興味を持って見ていました。
マリンバとハープそれぞれの楽器の説明と体験を行いました。

マリンバ奏者が持っている叩く棒、バチの名前はマレット!
マレットの種類の説明やクイズもあり、子ども達も楽しく聴いていました。

ハープは、弦の説明や指使い、半音装置の仕組みなど伝えました。

スクールコンサートマリンバとハープ

知っている曲は一緒に歌ったり、踊ったり、たくさんの子ども達の笑顔を見る事ができました。

そして、スペシャルゲストとして小学校の先生に入って頂き、コントラバスと歌とのコラボ演奏も行い、楽しいスクールコンサートとなりました。

お世話になりました学校の先生方、PTAの方々、ありがとうございました。

子ども達が色んな楽器を目の前で見て、生の音を聴いて、体験して、楽しい時間を過ごせますように。
そしてますますたくさんの子ども達の笑顔が広がっていきますように。

一緒にアンサンブルを行ったマリンバ奏者♪鈴木先生のHPはこちらからどうぞ。

生徒さんの感想♪

「写真やテレビで見た事はあるけど、生で初めてみれて良かったです。」
「生の演奏の音は、テレビで聴くよりもきれいで感動しました。」
「アンサンブルは、とても優しい音に聴こえました。」
「なんだか不思議な世界につれていかれたような気がしました。」
「生演奏を聴いて、音楽に興味を持ちました。」
「他の楽器も詳しく知りたくなりました。」
「ハープの大中小がある事にびっくりでした。」
「弦の色の違いや、指使い、指の腹でひくこと、半音装置があることに驚きました。」
「演奏を聴いて、自然と心が穏やかになりました。」
「天使が降りてきたのかと思うほどきれいな音色でした。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA